仲介業者を利用すること

自力で病院と連絡を取って、自力で航空券を手配して、自力で宿泊先を押さえた上で渡航し、手術を受けて帰国する。その方法でタイでSRS(性別適合手術)を受けることは勿論できます。しかし、それ等の手間を肩代わりしてくれる仲介業者というものも存在します。
私がはじめて海外での手術を受けた2005年渡航時には数が少なかった業者も、近年では随分、数が増えて、選択肢はぐんと広がりました。それぞれの業者にきっとそれぞれの特徴があるのでしょう。私は今回も前回と同じT社を択びました。

T社を択んだ理由は、先ず前回渡航時にも利用していて、私の事情を理解してくれているということです。私はうつ病やパニック障碍など幾つかの精神疾患を持っており、その点でも病院受診が必要であることを予め判っていてくれるというのは、安心の一要素でもありました。
それから 、かかりつけの病院であるヤンヒー病院との取引があること。これも条件から外す訳にはいきません。また前回利用して満足度が高かったことも挙げておくべきでしょう。
2011年頃から何度もT社とメールのやりとりを続けて回答を貰うことで、自分が持っている不安を解消しながら検討を重ねて2012年8月にT社に仮申し込み(内金入金)をしました。T社は私の要領を得ない質問や回答にも丁寧に応じてくれました。大変手間を掛けてしまったことと思います。また渡航時・滞在時にもかなりご面倒をお掛けしてしまいました。この場でお詫び申し上げます。T社のみなさま、すみませんでした&有難うございました。

アテンダンス料金のうち数%を納金すると仮契約が結ばれます。仮契約をすると渡航日数週間前にT社から下記のような書類が届きます。

 

■T社から受け取った書類
大きく分けて三つのクリアファイルがありました。



1)クリアファイル1
@)医療仲介サービス契約書2通
2通とも署名捺印をして、1通はT社に渡す。
A)お申込金額領収書
出発前に納めた内金の領収書。
B)精算ご案内書
バンコクで支払う、アテンダンス料金全額から事前入金した内金を差し引いた金額を記したもの。
C)持ちものリスト・荷造りのポイント
渡航の際に持参するべき品やそのまとめ方のポイントを記したもの。出発前の確認に便利。
D)連絡先一覧
住所、氏名等の連絡先や利用航空会社の連絡先などを記入しておける表。記入して複製を近親者に渡しておく。
2)クリアファイル2
@)出発のご案内
往復の利用便名、発着時間などがまとめられている。
A)eチケット(電子航空券)控え
空港のチェックインカウンターで提示して搭乗券を発行して貰う。
B)海外での書類の記載方法
海外でサインを求められたら旅券の写真がある頁の「所持人自署」と同じサインを(つまり漢字で)書く、など。
C)KAISAI-BANGKOK GUIDEBOOK
「利用空港でのチェックインの方法」や「送迎担当者との待ち合わせ方法」などがA5版の小冊子のかたちでまとめられている。送迎担当者と行き違いにになってしまったときのための公衆電話代(10バーツ硬貨)も添付。
出発直前の確認に便利。
2)クリアファイル3
出発から帰国までの日程表や宿泊施設の利用方法がA4版の冊子としてまとめられている。

 

海外への渡航の経験が豊富で、英語が堪能で、とても健康体であるなら、自力で飛行機も病院も宿泊先も手配してしまうのが最も手っ取り早いでしょう。しかし、私は旅行慣れしている訳でもなく、難儀なことにうつ病をはじめとする精神疾患を持っていてケアが必要です。
大抵の精神疾患は常に薬を服み続けることで病状を安定させます。しかし、手術前の少なくとも2週間前までにはすべての薬を断たなくてははなりません。つまり、うつ病その他でとてもしんどい状態で渡航し、病院へ行き、SRS治療を受けなければならないのです。
そんな状態でタクシーを捕まえたり病院で受け付けしたり主治医のカウンセリングを受けたりするのは、とてもつらくてしんどくて面倒です。その難儀な部分を充分に助けてくれるのがアテンダンス業者です。私のような精神疾患持ちが他国の病院まで赴いて無事に治療を受けて帰国できたのは、業者の御陰です。

すべての人にアテンダンス業者の利用を勧めるものではありません。しかし、上手に利用することによって困難が排されることがあるのは確かです。

 

Copyright © 2013- office es All Rights Reserved.

<< もどる  と じ る  つぎへ >>