▲ リ ン ク
▲ 事業所概要
▲ サイトポリシー
▲ プライバシー
ポリシー

▲ 特定商取引法に
基づく表記

 Office es - 講 演和歌山市|文章執筆|講演|DTP制作|オフィス・エス

講 師

衛澤近影
(2016年12月撮影)

衛澤 創(えざわ・そう)
1970(昭和45)年生まれ、和歌山市出身。
精神障碍者で虐待サバイバーで性同一性障害でゲイ(同性愛者)という「クワドラブルマ イノリティ」。
誕生時は女児と判定されたが幼少時から性別違和を抱き続け、1997年から誕生時に判定された性別とは異なる性別である男性として生活をはじめる。1998年から性別適合手術を開始。2008年に戸籍上の性別を訂正、2013年に性別適合手術を最終段階まで終える。性同一性障害であると同時に同性愛者でもある。
また幼少時より父親から虐待を受け、実家を出て独り立ちするまで暴力に怯えながら生活した過去を持ち、うつ病ほかパニック障碍・睡眠障碍・摂食障碍などを併せ持つ精神障碍者でもある。
和歌山県初のセクシュアルマイノリティ自助グループ特定非営利活動法人チーム紀伊水道の設立人であり理事長。


これまでの経験 : これ等の経験により幅広いテーマのお話をさせて頂けるものと思います。
中途退学/往復6時間の通学/自殺企図/手術のための入院×10/精神療養のための入院×6/その他入院×3/(もう入院のプロ)/救急搬送/隔離病棟入院/ビールス性(ウイルス性)肝炎/肺炎/逆睫毛/眼瞼下垂/尿道狭窄(性別適合手術の後遺症)/うつ・パニック障碍・睡眠障碍・摂食障碍・社会不安障碍/実父からの暴力/麻酔が効いていない状態での手術×3/性別適合手術×4/眼の手術×2/尿道の手術×7/性ホルモン注射/心理検査/機械組立工/自衛官/電子組版機オペレータ/検反工/一般事務員/出荷事務員/テーマパークキャスト/ゲームセンター店員/コンビニエンスストア店員/研究補助員(粒体分析)/DTPオペレータ/Webデザイン/TVドラマ・映画エキストラ出演/議会傍聴/TV・ラジオ出演及び新聞への顔出し/交通事故×3/自己破産/簡易裁判/性別変更審判/法人設立登記/海外渡航・入院/小説執筆・出版/小説賞受賞×2/小説連載/コラム連載/講演活動/など。


交通費が全額出れば全国何処でも参ります。フォームからお問い合わせください。

 

演 題 例

セクシュアルマイノリティ基礎の基礎――性の多様性への入口
「LGBT」、「セクシュアルマイノリティ」、「性的少数者」……最近よく聞くけど何のことかさっぱり判らない。そんな人に贈るセクシュアルマイノリティの基礎を知るための、更に基礎のお話。
性別適合手術という「経験」――4回の性別適合手術とはじめての海外、そして後遺症
1998年の乳房切除術を皮切りに、内性器摘出術、尿道延長術、陰茎形成術と重ねた性別適合手術。何故それを受け、それによって何がどう変わったのか。変わってよかったのか悪かったのか。経験者だから話せる諸々。
死ななかったからです――虐待・うつ・性同一性障害……苦という波を泳いで生きる
親からの虐待、うつ病をはじめとする精神疾患の発症、幼少時からの性同一性障害……困難が重なる過去を経て、これまで生きてこられたのは何故か。過酷な経験は何をもたらしたのか。半生を振り返っての話。
勤め人にはなれなかったけど――うつという経験と働き方の話
うつ病は日々の生活に幾つかの制限を設けてしまうものだが、戦わなくても乗り越えなくても克服しなくても、生きていく術はある。幾度とない就職と失業を繰り返した末に辿りついた現在と、経てきた過程で失くしたもの得たものの話。
自助活動を通して――無知が一人ではじめた自助グループが10年以上続いている話
「自助グループ」が何か判らないままに立ち上げたものの、最初の3年は一人きり。それでもやめずに続けていたら……必要とする人とされる人、自助グループの意義、存在し続けるために必要なこと。10年を越える活動から見えるものを語る。

● 上記はあくまで例です。ご要望によりさまざまなテーマでお話しさせて頂きます。ご遠慮なくご希望のテーマをご相談ください。

 

講師料について(目安)

●

講師料算出方法
講師料=講演料+拘束時間料+交通費・宿泊費

●料金目安
  講演料 : 30000円/1時間
  拘束時間料 :3000円/1時間(※拘束時間=移動時間など講演のために必要となる時間)
  交通費 : 公共交通機関を利用した場合の旅客費用
  宿泊費 : 実費

●算出例
  講演1時間、移動時間片道2時間、日帰り、交通費片道2000円の場合
講師料=(30000円×1時間)+(3000円×5時間)+(2000円×2)
=49000円


● 上記はあくまで目安です。ご相談に応じさせて頂きますのでご遠慮なくお申し出ください。

 

お申し込み

●以下の項目を明記の上、講演日の1箇月前までにメールにてお申し込みください。
  ※お問い合わせ・お申し込み・打ち合わせ等やり取りはすべてメールでお願いします。
  1. ご希望の日時
  2. 場所と会場
  3. ご希望の講演内容(どのような話を何分間でするのか)とその目的
  4. 受講対象及び人数、主な年齢層など
  5. ご希望の講師料
  6. ご依頼人の連絡先(お名前・ご住所・電話番号・メールアドレス)

 

 

Copyright ?2003- office es All Rights Reserved.